マイク眞木 maki maiku

 

 

1944(昭和19)年、東京赤坂生まれ、赤坂育ち。

日本大学芸術学部在学中にモダン・フォーク・カルテットに参加。
1966年、「バラが咲いた」で歌手デビュー。

 

大ヒットとなりその年の紅白歌合戦出場も果たす。

モービル石油CMソング「気楽にいこう」も話題になった。また、有名な「キャンプだホイ」の作詞作曲も手がけている。
アメリカ大陸、ハワイに長期在住の経験を経て1997年、ドラマ「ビーチボーイズ」の出演を機に帰国。

 

現在は赤坂と千葉・九十九里を行き来する生活を続けている。3人の息子はプロサーファー。

他に長女(中学2年生)、孫6人。2013年1月発売のアルバム「OLD SCHOOL」に続き、アルバムでも新曲を書き下ろしている。
デビュー50周年を控え、現在も精力的にライブ活動を続けている。